値段ではなく愛着で物を選ぶ大切さ

こんにちは。むさし(@Mu_sanchi)です。

皆さんは物を買う時、コスパだけを気にして物を買っていませんか?

それが悪いとは言いませんし、僕も少し前までコスパ至上主義者でした。

ですが、最近は『本当にそれが好きなもの』なのか考えた上で買うようにしています。

これが自分の中で、なかなか良い変化となりましたので、記事にしようと思います。

 

本当にそれは気に入って買ったもの?

コスパを気にして買い物をすると、本当は欲しいものじゃないのに、妥協してそれを買う時ってありますよね。

「あっちの方が気に入ったけど、安いしこっちにしよう……」

確かに、値段で買うものを決めるというのは大事でしょう。

しかし、コスパだけ考えて買ったものに、愛着は湧きにくいのも確かです。

妥協の末に買ったものですからね。

僕は買い物をする時、それが本当に欲しくて仕方なく、愛着の湧くものなのかと自問自答します。

その結果、本当に欲しいものなら、ちょっと高くても買うのです。

愛着のあるものというのは、人生において掛け替えのないパートナーとなります。

愛があるからこそ、大事に扱える。

結果として長く持つため、意外とコスパも悪くないですよ。

コスパだけ見て買い物をするのは、今日でやめましょう。

 

愛着買いをして良かったところ

Pexels photo 683381

物持ちが良くなった

上でも少し触れましたが、物を大事に使うようになります。

僕はもともと物持ちが良い方でしたが、以前にも増して大事に物を扱うようになりました。

「お気に入りのカップが欠けないように、大切に扱おう」

「このジャケットは愛着があるから、よく手入れしよう」

などなど、物を大事に精神が育まれました。

ちょっと高いものたちですが、ちょっと高いが故の扱いと言えるかもしれませんね。

 

衝動買いが減った

これは本当に愛着の湧くものだろうか。

そう考える時間を設けたことにより、衝動買いを減らすことができました。

「愛着は湧くけど、別にそこまで必要ではないかな……」

「あると便利だけど、他のものも見てからにしよう」

衝動買いが減れば、本当に欲しいものを買うためのお金も浮きますよ!

 

生活の質が変わった

個人の意見なので他の人がどうなるか分かりませんが、生活の質は上がったように感じます。

お気に入りの傘が一本あれば、雨の日の憂鬱なお出かけも、少しご機嫌になります。

お気に入りの包丁なら、食材を切るたびに嬉しい気持ちになります。

お気に入りの服でお出かけした日は、一日中ハッピーな気分でいられるでしょう。

同じことをしていたとしても、使う道具がお気に入りなら、ちょっと違った見え方が出来るかもしれません。

 

愛着買いをして悪かったところ

Cry 62326 1920

壊れた(無くした)時のダメージが大きい

ついこの前の出来事ですが、冬になるたびに巻いていたマフラーを無くしてしまいました……

とってもショックで、しばらくの間、何をするのも憂鬱に感じてしまいます。

愛着を持ちすぎると、別れが辛いのです。

こればかりは仕方のないことですが、『形あるものはいつか壊れる』ということを忘れないようにしましょう。

むしろ、物をなくしたことをそこまで悲しめるのは、愛着を持てた証拠です。

誇ってもいいでしょう。

 

最後に

物に愛情を注ぐ大切さを、分かって頂けたでしょうか。

安いものを求めるのも良いですが、ちゃんと長い間付き合っていけるものを選ぶのも大切ですよ。

高いものには理由があります。長く使える代物を大事に大事に使っていきましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

就職内定を辞退し、様々な働き方を知るために旅をしました。その中で出会った『ブログ』に惹かれ、日々の発見や趣味、生き方などを発信することに。 弓道、ウイスキー、古めかしいものなど、ロマンのあるものが好きです。