田舎ではマニュアル免許が必須? 移住者の本音とは

こんにちは。むさし(@Mu_sanchi)です。

車の免許の種類にAT限定免許が現れて、四半世紀あまり。

「男は黙ってMT免許だ!」

なんて声も、今や少数派の時代です。

そもそも、車に乗る若者が減っているとか、いないとか。

完全自動運転も、夢絵空事ではなくなってきました。

そんなご時世で、わざわざ面倒臭いMT免許を取る必要があるのかどうか。

実際に田舎暮らしをしているものの視点からお話しします。

 

田舎暮らしは車必須

まず大前提として、田舎で暮らすなら車は必須です。

「車に甘えんなよ!」

「歩けば良いじゃん」

「田舎者はすぐに車に乗りたがるから……」

なんて言葉が聞こえてきますが、まぁとにかく話を聞いてください。

まず大前提として、田舎の度合いによって必要さが変わってきます。

地方中枢都市の郊外程度なら、公共交通機関で移動ができるかもしれません。

(というか、それは田舎なのか……?)

「確かに車はあると便利だけど、維持費もかかるし、駐車場代を払ってまで持つ必要も無いしなぁ……」

そんな感じだと思います。

しかし、舞台が四方を山に囲まれた片田舎となると、話は変わってきます。

『近くのコンビニまで徒歩数十分〜数時間』

『視界に映るものは全て田んぼか畑』

『一日のバスの数が、片手で数えられる程度』

こんな話はさして珍しくもないのです。

そこで暮らすためには、やはり車は必須になるのです。

 

ど田舎ならMTがあると便利

IMG 28102

さて、タイトルの話に戻りますが、僕はMT免許を取るべきだと考えます。

理由はいくつかありますが、1番大きい理由は、『MT車(軽トラ)に乗る機会がそれなりにあるから』です。

農道のポルシェと名高い軽トラですが、最近はATの軽トラも増えてきました。

しかし、田舎にあるほとんどの軽トラはMT仕様ですから、いざという時に乗れません。

「軽トラなんて乗る予定ないよ!」

という方もいると思いますが、田舎に住むと軽トラに乗る機会は多々あります。

本当に、あります。

農家さんでもない限り、田舎暮らしに軽トラは必須ではありませんが、あったら間違いなく生活の幅が広がります。

汚れたものをそのまま載せられたり、ぎゅうぎゅうに車内に詰め込む必要がないのはとても便利です。

田舎は車複数持ちが当たり前なんて都市伝説かと思っていましたが、なるほどこれは、確かにその通りかもしれません。

当たり前ではないにしろ、僕自身も自家用車一台だけではなく、軽トラが欲しいなー、なんて思ったりします。

それくらい、田舎で暮らすなら軽トラがあると便利なのです!

 

とりあえずMT免許を取っておけば間違いない

思考停止以外の何物でもない結論で申し訳ないのですが、そうとしか言えません。

僕は一年前まで、自分が田舎で軽トラを転がしているなんて夢にも思いませんでした。

しかし、実際は田舎に移住し、MT免許の有難さに打ちひしがれています。

人生何があるかわかりません。

いざとなったら限定解除なんて言わずに、時間を取れる時にMT免許で取ってしまうことをオススメします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

就職内定を辞退し、様々な働き方を知るために旅をしました。その中で出会った『ブログ』に惹かれ、日々の発見や趣味、生き方などを発信することに。 弓道、ウイスキー、古めかしいものなど、ロマンのあるものが好きです。